スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

玄関軒がたいへんなことに…

 2013-01-24
9年前に自宅のリフォームを承ったお客さまから、「玄関軒から雨漏れしているから見に来てほしい」とホームサービスの依頼がありました。
担当者が訪問すると、軒上の外壁が割れていて、なんだかイヤ~な予感が…

DSC_0013_convert_20130124173553.jpgDSC_0014_convert_20130124174005.jpg

解体を始めてみると、ご覧のように軒の中の木材は完全に腐朽し、今にも梁が落ちてきそうな危険な状態になっていました。
DSC_0034_convert_20130124174144.jpgDSC_0033_convert_20130124174115.jpg

瓦も剥がし、垂木・野地板などもすべて取替えました。梁はもとあった位置よりも後方にずらして入れることに。
DSC_0049_convert_20130124175651.jpgDSC_0050_convert_20130124181625.jpg

ここまできたら、屋根じまいは確実に。あと一息。
DSC_0056_convert_20130124190316.jpgDSC_0051_convert_20130124190559.jpg

瓦を葺き、塗装して完了。
DSC_0058_convert_20130124181808.jpg

雨漏れの原因は、谷樋の部分に開いたソフトボール大の穴から雨が侵入していたためとわかりました。

谷樋とは、2つの勾配屋根の下部の先端が出会うところにできる溝の部分で、この谷部分に取り付けられる雨樋のことをいいます。
築年数が経っている建物は、谷の部分に亜鉛鉄板や銅板が使われているところが多く、屋根瓦に沿って流れる雨が集中する部分が特に腐食しやすくなっています。
小さな穴だからといって放っておくとすぐに拡がり、雨漏れの被害も甚大になってしまいます。

雨漏れに気付いたら、早めにご連絡ください。
ホームサービス専用フリーダイアル 0120-71-6527 365日24時間電話対応しております。

                                         (姐御)
スポンサーサイト
タグ :

手作り看板!

 2012-11-27
先週あたりから、来年のカレンダーをOBのお客さまにお配りしています。
年末の慌しい時期ですが、久しぶりにお会いしてお話できる時間が持てて、嬉しいひとときでもあります。

そんななか、きのう美濃加茂市のW様のお宅にお邪魔しました。
あいにくの雨(しかも土砂降り)、W様もご不在でしたが、カレンダーを置いて、ふと庭先を見ると…

DSC04583_convert_20121127104749.jpg
パンパンに詰まった薪棚!

DSC04585_convert_20121127104654.jpg
その横には、これからご主人の手で割られる予定(?)の薪がたくさ~ん…
あれ?? そこになにか、看板みたいなものが…?
なんだろう?

DSC04582_convert_20121127104729.jpg
アップにしてみました。

な、な、なんと!
本庄工業施工の
手作りの看板ではないですか!! 素晴らしい~~!!
端材で作られた、お家? 中にあるのは薪ストーブでしょうか?

聞くところによると、この看板は、「本庄工業・心の社員(笑)」の木工作家、山路さんの手によるものだとか…
この看板をご覧になったご近所の方が、本庄工業に興味を持ってくださったら嬉しいですね。
W様、ありがとうございます!
                                         (姐御)
タグ :

うだつの町

 2011-08-02
美濃市で5年前に耐震改修工事をしたお宅に定期訪問で伺いました。

美濃市といえば、「うだつ」と「和紙」の町として有名ですが、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているこの「うだつの上がる町並み」を保存するには、行政と住民の協力が欠かせないものになっているようです。
保存地区内では社寺・民家・蔵などの「建造物」はむろん、門・土塀・石垣・水路・墓・石塔・石仏・燈籠などの「工作物」、庭園・生垣・樹木・水路などの「環境物件」を特定し保存措置を図ることとされているため、建物の増改築などに関しても制約がかかります。

築150年のこちらのお宅は、基礎の有筋化、金具設置や柱・壁の補強などの耐震補強工事をしました。
DSCF0001_convert_20110802120458.jpg
DSCF0004_convert_20110802120539.jpg
DSCF0013_convert_20110802120746.jpg

耐震工事、内装改修、屋根の葺き替えなど、半年かけてのかなり大掛かりな工事だったのですが、ご覧のように外観はほとんど変わっていません。

oishi_convert_20110802105039.jpg
改修前
                   
oishi1_convert_20110802112045.jpg
改修後

お伺いしたこの日は、ちょうど川祭りの日だったらしく、お家の外にこのようなお供えがしてありました。
DSC03149_convert_20110802101649.jpg
伝統が息づく町並み
DSC03154_convert_20110802101817.jpg
通りのすべての家々の軒先には、このような色とりどりのガラスの風鈴が掛けられて、涼しげな音を響かせています。
fuurin1_convert_20110802103047.jpgfuurin2_convert_20110802103111.jpgfuurin3_convert_20110802103134.jpg
ほんのひととき、暑さを忘れる粋な計らいでした。

タグ :

触れると、ビリビリ!?

 2011-01-27
年末に築7年のお宅を訪問したときのことです。
奥様が、「濡れたガーデンパンの縁に手や腕が触れるとそこがビリビリするんです」とおっしゃいました。

ガーデンパンが?
ビリビリ??

不思議に思いながら、実際にガーデンパンの縁に触ってみると指は平気…なのですが、でも肘下あたりの肌が触れると、たしかに「ビリッ!」としました。しかもその部分がその後もしばらくチクチク痛いのです。
DSC02593_convert_20110127154352.jpg

原因は、FRP(繊維強化プラスチック)でできたガーデンパンの表面の劣化によるものでした。
FRPは、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させているのですが、紫外線に弱く、劣化するとガラス繊維が浮き出てしまいます。ここに肌が触れると、この非常に細かいガラス繊維が肌に刺さってビリビリした刺激になるのですね。

対処法として、ペーパー掛けで下地処理したあと、油性ウレタン塗料を塗布しました。これでもう大丈夫!
DSC02731_convert_20110127154440.jpg

そういえば、ウチのガーデンパンも…とお心当たりの方は、
[ホームサービス専用ダイアル] 0120-71-6527 までお気軽にどうぞ!

                                         (姐御)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。