スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Ⅰ邸リフォームもうひとつのポイント!

 2012-01-14
11月にお引渡しを終えたⅠ邸。もうひとつのリフォームポイントは、耐震リフォームです。
耐震診断をさせていただいた結果、築40年のⅠ邸の上部構造の評点は「0.27」
「倒壊する可能性が高い」とされている評点「0.7」という数字を大きく下回っていました。
この数字を「一応倒壊しない」基準の数字「1.0」以上に上げるために、大きく二つの補強をしました。

①無筋状態だった基礎を有筋化。べた基礎(建物全体の下にコンクリートの版を造って建物を支える基礎。基礎の設置面積が増え地盤荷重の負担が軽減する)にし、柱のホゾ抜けを防ぐため、ホールダウン金物にてコンクリート基礎と柱脚を緊結します。
IMG_0657_convert_20111217114546.jpg
IMG_0692_convert_20111217114651.jpg


②バランスの良い壁の配置を整え、壁の量を増やします。
taisin6_convert_20120114182758.jpgtaisin4_convert_20120105165845.jpg1階

taisin7_convert_20120114182417.jpgtaisin3_convert_20120105180417.jpg2階  

耐震データ5

柱脚・柱頭には、金物補強をし、壁は筋交いや構造用合板で補強をしています。

DSC03311_convert_20120116141848.jpg
DSC03358_convert_20111217120616.jpg
DSC03351_convert_20111217113939.jpg


以上のような耐震補強工事により、各階・方向別に算出した上部構造評点のうち、最も低い値がその家の「総合評価」ということになります。
耐震データ1

結果、I邸の上部構造総合評価は、「0.27」→「1.02」へと大幅にUP!
震度6強~7程度の大地震に対し、「一応倒壊しない」レベルの判定数字が出ました。

見た目が驚くほど変わり、よりよいライフスタイルをご提供できるリフォームとは違い、耐震リフォームは見た目にはわからない隠れたリフォームです。
けれど、地震の揺れや衝撃から、家を守り、家族の命を守ってくれる、大切なリフォームなのです。

                                         (姐御)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taisinnagara.blog92.fc2.com/tb.php/76-cc415c35

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。